パッと頭に残る名刺の作り方

名刺作成で忘れてはいけないポイント

これから名刺作成をしようと考えている方に、忘れてほしくないポイントをご紹介します。名刺一枚への、あなたのこだわりは、きっと明日のあなたへの大きなプレゼントになるに違いありません。名刺は、いかに相手に自分を伝えるか、自分の情報の凝縮された一枚に仕上げなくてはいけません。だからと言って、あれもこれも欲張って、たくさんの情報の記載をするという意味ではありません。
自分の個性、自分らしさを表現する、相手に自分の印象を付けるという意味で、とても大事な役割を持っているのが、名刺ということです。最近では、名刺の素材でさえ、実に様々なものがあるのをご存知ですか?数ある名刺の中でいかに、名刺一枚であっても、自己アピールしていけるのかが鍵です。その鍵でもある、素材・カラー・字体・字やロゴ等の配置、あの小さなスペースに、いかに上手く自分を、さらに自社をアピールし、そして相手の方の印象に残れるのかが、大きなポイントになってくるのです。
名刺を手にする方も、数多く所有している名刺の中で、パッと印象に残るあなたの名刺を見るたび、あなたの事を思い出すことでしょう。自分の分身と思って、自分のこだわりを、その名刺に是非込めてみましょう。

余白をうまく使った名刺作成

ビジネスで自分をうまくアピールできない、そんな人は「名刺」で表現すると良いでしょう。素敵なデザインの名刺作成をすれば、好感度もアップします。スタイリッシュな名刺を制作し、それを良い仕事へつなげてチャンスをつかみましょう。「名刺作成」のポイントは、見やすさです。パッと見て会社名と名前が分かる名刺は印象に残ります。デザインにこりすぎてしまうと、よく見ないと分からない名刺に仕上がってしまうおそれもあるので、気をつけましょう。柄と文字がまざってしまう見た目ばかりにこだわっている名刺は、よくある失敗例です。デザインばかりにとらわれず、美しく仕上げることに重点をおきましょう。
小さなスペースにぎゅうぎゅうに文字が詰まっていると、汚ならしく見えてしまいます。そうならないために余白を使いましょう。何もないスペースがあることで、スッキリした見やすい名刺が完成します。余白をいらないスペースと考えずに、上手に使うと良いでしょう。名刺はサイズや厚みにも気を使わなければなりません。サイズが大きすぎたり厚すぎてしまうと、ケースに入らないこともあります。それでは受けとる側が困ってしまうので、相手の立場に立って制作しましょう。

Pick Up

業者と素材選びが大切な名刺作成

View Detail

それぞれの名刺に合わせた業者の選び方

View Detail

用紙を考えた名刺作成業者の選び方

View Detail